出会アプリでのファーストメールの重要性

出会アプリでファーストメールとは非常に重要な意味を持つメールです。
なぜかというと、初めて相手に対してアクションを起こすわけです。
ネットの中での初対面と言ってもいいでしょう。
そこで好印象を与える事が出来れば、次につなげる事が出来ますし、出来なければそこで終了です。
つまり、関係が始まるか、始まる前に終わってしまうのか運命の分かれ道という事です。
もっとも出会アプリの中ではファーストメールの返信をもらう事が難しいのです。
10通送っても返信が0通という事も珍しい事ではありません。
もちろんメールの内容も重要ですが、最後には結局諦めずにメールを送り続けた人が返信をもらう事が出来るでしょう。
ファーストメールん書く内容は自己紹介となぜメールを送ったのかその2点がメインとなります。
自己紹介ではプロフィールを見て分かる事はあまり重複して書く必要はありません。
またアピールをするつもりが自慢話になっていたら、相手は快く思わないでしょう。
そしてなぜメールを送ったのかは、例えば相手のプロフィールを見て趣味の○○が同じだったのでいろいろ話したいと思いました。
理想のタイプにぴったりだから、ピンとくるものを感じたから・・・などなど興味を惹かれた理由を説明しましょう。
相手にしてもなぜたくさんの女性の中から自分を選んでくれたのか、その理由を知りたいと思っているのです。
しかし説明をしっかりしておきたいと、長文メールになってしまうと、相手が読むのも負担になってしまいます。
かと言って短すぎると今度は説明不足になってしまいます。
過不足ない量というのも難しいかもしれませんが、頑張って作成してみて下さい。

出会い系サイトでチャットを活用する

出会い系サイトではメールでやり取りして、関係を深めていくもの。
そんなふうに思っている人も多いでしょう。
確かにそれが、正統派の出会い系サイト攻略法かもしれません。
しかしメールのやり取りはメールを書くのにも時間がかかりますし、返信がくるのにも時間がかかります。
結局、出会うまでに何かと時間がかかってしまうのです。
そうやって、時間をかけながら信頼関係を築いていくのがいい。
そんなふうに思っている人はそれでいいのですが、もっとてっとり早く出会う方法はないの?
とヤキモキしている人も少なくないでしょう。
そんな人にお勧めしたい方法が、出会い系サイトのサービス機能の1つであるチャットを利用する事です。
チャットなら自分が投げかけた言葉が、相手にリアルタイムで届き、相手の言葉がすぐに自分にかえってきます。
そのためメールの何往復分のやり取りが、チャット数分でする事が出来るので、一気に距離が縮まります
またチャットの方が勢いがあるのです。
メールだと考える時間がありますよね。
もちろん、考えて書く事で、相手を傷つけないような言葉を使う、相手を楽しませるような話題を選ぶなど気遣いをする事が出来ます。
しかしチャットの方が相手の素が見えやすく、相手がどんな人なのか分かりやすいのです。
例えばとっさに言葉に詰まってしまうという事もチャットだとあるでしょう。
でもそんな不器用さが可愛いなんて逆に高評価になる事だってあるわけです。
もっとチャットを活用し、出会い系サイトで知り合ってから、出会うまでの時間を大幅に短縮していければと思います。

出会い系サイトもエイズに関与している?

エイズという病気は知っていても、自分には無関係だと思っている人が多いでしょう。
日本にも感染者がいるとしても、自分の周囲で見た事がないからいないというわけです。
しかしながらまだまだエイズという病気は偏見が強い病気です。
万が一エイズに感染した人が、自ら公言するとは思えません。
また感染している本人も感染している事を自覚していない可能性も非常に高いのです。
なぜなら自覚症状が出ないからです。

潜伏期間と呼ばれ、数年間は特に症状らしい症状も出ません。
そのため自分がエイズに感染していると知らずに、他の人とセックスをし、知らないうちに感染を広めているのです。
もしあなたも、相手もお互いにセックスをするのが初めてという恋人同士であれば、エイズに感染する可能性はありません。
しかし相手が出会い系サイトで知り合ったセフレだったらどうでしょうか?
今までにも出会い系サイトを利用してたくさんの人とセックスをしている相手です。
もちろんたくさんの人とセックスをしたからとって、必ずしもエイズに感染するものではありません。
しかし不特定多数の相手とセックスをしている人同士がセックスをする事で、そのリスクは高まるのも事実です。
そして数年後に、エイズに感染していると気づいても、いつ、そして誰から感染したのか分かりません。
そもそも感染経路を知ったところで、自分が感染しているという事実がなくなるわけではありません。
エイズに感染した段階で、後悔をしてももう遅いのです。
リスクを踏まえた上で、どれだけ安全にセックスをする事が出来るのか、もっとよく考えなければいけません。

出会アプリ体験談・吉祥寺編

出会アプリで吉祥寺の女性と出会いました。
彼女は見た目は少し地味目で真面目な感じだったので、「出会アプリを利用するの初めて?」と聞きました。
すると「何で?よく利用しているけど」と言われました。
案外真面目そうな子の方が出会アプリを利用しているのかもしれませんね。
慣れているみたいなので、遠慮なく、そのまま出会ってすぐにラブホテルへ行きました。
待ち合わせ場所を吉祥寺にしたのは少し失敗だったかもしれません。
相手の希望で吉祥寺にしたんだけど、吉祥寺のホテルの料金って相場よりかなり高めの設定です。
これなら渋谷とか24区の方が全然安いぐらい。
でも今からやるぞって時にホテル代をケチって電車で移動してラブホテルへ行くと気分が盛り下がってしまいます。
なので今回は我慢して高いホテルにチェックインしました。
彼女はスタイルは胸が少し小ぶりだけど、乳首が大きいのがエロいなと感じました。
出会アプリに慣れていると言っていたので、セックスが好きなのかなと思ったらそうでもない感じです。
積極的に動くわけではなく、マグロ状態だったので、何で出会アプリを利用しているんだろう?と不思議に思いました。
まぁ、こっちはタダでセックスさせてもらっているわけだから文句は言えません。
セックスをしてそのままホテルに泊まり、せっかく泊まりだったんだから朝にもう1回やりたいと思っていたら相手は全然起きません。
どうせマグロだったしと、相手は寝ているけど朝から1回やってしまいました。
案外意識がない状態でセックスをしていた方が、悪い事をしているという気持ちがあって興奮してしまいました。

出会アプリの誇大広告には注意

出会アプリの広告を見ていると、誇大広告が目立ちます。
100%出会えるサイト、可愛い女の子と即会い即エッチ可能・・・・などなど挙げればキリがありません。
そしてそんな広告を見た出会アプリ初心者は、出会アプリを利用すれば、簡単に出会えると勘違いをしてしまいます。

出会アプリは確かに便利なサイトです。
出会いたいという人に出会いの場を提供してくれる事も事実です。
ですが、考えてみて下さい。
出会いの場を提供しているのは出会アプリだけではありません。
例えば日常生活を見てみても、合コンや結婚相談所など出会いの場を提供しています。

しかしそれらの出会いが出会い率100%ですか?
合コンでお持ち帰り出来なかったり、そもそもメンツがイマイチで盛り上がらなかった。
なんて事の方が多いでしょう。
結婚相談所なんて、プロにお金を払って婚活のサポートを受けている状態です。
しかしながらどんな凄腕の結婚相談所でも、成婚率が100%になる事などありません

出会アプリだけで出会い率100%になる、可愛い女の子と即出会えて即エッチする事が出来る。
そんな都合のいい展開にはなりえるわけがありません。
なぜなら出会アプリを利用している女の子だって、日常生活に存在する普通の女の子だからです。
ですから、誇大広告は明らかにウソを謳っているわけです。
そして平然と嘘を謳い、集客アップを狙っているサイトが、優良サイトのわけではありませんよね。
出会いのチャンスがあっても、そのチャンスを生かせるかどうかは自分次第なのです。
その事を理解して、出会アプリを利用するようにして下さい。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.